【先輩ママの知恵】アンパンマンや子供用番組を録画しておくと便利です
スポンサーリンク

双子の育児は本当に大変です。

少しでも楽になるように育児の知恵をご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介させていただく先輩ママの知恵は生まれた直後や生まれる前から「アンパンマンのテレビを録画しておく!」です。

対象年齢 1歳くらいから
お手軽度 ★★★★
おすすめ度 ★★★★★

アンパンマンである理由

我が家もいろいろと録画していたのですが、子供が大好きになったのは結局アンパンマンでした!

NHKの朝の体操だったり、忍たま乱太郎やアニメ関連。

色々と見せたりしましたが、アンパンマンに勝てるものはありませんでした(笑)

 

キャラクターをすぐ言えたのもアンパンマンですし、ディズニーランドとかも2歳前後で行ったりしましたが、あまりピンときてませんでした(笑)

ぬいぐるみとか歌とかはディズニーを主に聞かせていたのに・・・。

でも、アンパンマンミュージアムに行った時は、ちゃんとアンパンマンとかのキャラクターを認識してすごく楽しんでました。

やっぱり分かりやすいですし、覚えやすいってのが大きいんだと思います。

テレビを録画しておくと便利な理由

双子に限らず1人のお子さんでも、洗い物をしたり、洗濯物をしたり、料理を作ったりと家事全般をするときに子供が動き回るようになるとホントに大変になります。

子供からするとかまってほしいし、見ていてほしいし遊んでほしいということで、ものすごく邪魔をしてきます。

子供本人は邪魔をしているつもりはないんですが、大人がしなくてはならないことというのは理解ができないので、じっと待っていてくれることはまずありません!

服を畳んでいたら、畳んだ服を投げるし踏むし。

洗い物していたら足に絡みついてくるし、なぜか後ろで転んで大泣きしはじめるし。

双子になると、そこらじゅうで色んなことが起きているので洗い物なんか中断させられまくりです!

 

そんな時にアンパンマンの録画です!

録画のアンパンマンを流すと、オープニングでは一緒に踊って歌って、ストーリーがはじまると「アンパンマンだー」と言いながらテレビに夢中になります!

その間は邪魔をしてこなくなるので、洗い物や洗濯物をバーッと終わらしてしまうことができます。

 

そしてこの方法の良いことは「コストが0!」ってところです。

録画機能がついているブルーレイレコーダーでもテレビでも良いですが、時間を設定して毎週録画をしておくだけ!

産まれる前からなら1年分~2年分くらい録画しておけるので、ネタ切れになることもありません。

我が家ではだいたい1歳半くらいからアンパンマンを認識しはじめたので、この戦法でだいぶ家事を楽にすることができました。

失敗談

ここで一つ失敗談も紹介しておこうと思います。

アンパンマンが好きになったので、アンパンマンのおもちゃを買ってあげれば、それで遊んでくれるので家事がしやすくなるのではと試してみたこともあります。

アンパンマンのレゴブロックだったり、ぬいぐるみだったり、お絵かきのやつだったり・・・

 

遊んでくれました、楽しそうに遊んでくれましたが、洗い物が終わって振り返ると遊び道具でグッチャグチャです(笑)

それを片付けるって手間が増えるので結局は大変になるという失敗です!

また、ある程度遊ぶと一緒に遊びたくなるのか、パパやママのところに来てしまうのは同じでした。

普通に遊ぶのにおもちゃは良いですが、家事をする上でおもちゃで大人しく遊んでくれることはありませんのでご注意を!!

コストが意外とかかりますしね。。。子供のおもちゃってなんであんな高いんですかね?

まとめ

アンパンマンを録画しておくと後々使えるので、コストもかからないし便利ですよ。

アンパンマンがおすすめですが、子供の好みも様々なので、毎週録画できる子供番組は一通り録画しておくと、子供の好みに対応できますよ。

 

子供の育児は本当に大変なので、いかに楽するかが勝負です。

参考にしていただけると幸いです!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事