FXはギャンブルなので稼げません!
スポンサーリンク

20代の頃から、テクニカルだのファンダメンタルズだのと色々と勉強してきました。

10年間ぐらい勉強を少しずつしてきましたが、結論はFXは投資ではなく投機、つまりギャンブルであると結論付けました。

FXで勝ち続けることができる人は世界経済や値動きの予測をずっと当て続ける人で精神的にもかなり強い特殊な人だと思います。

気がつくのが遅すぎるというね・・・反省してます。

FXがギャンブルである理由~ロスカット~

FXはレバレッジをかけられるのが初心者や資金がない人でも気軽に始められる理由になっています。

レバレッジについては詳しく説明しているところが沢山あるので、あえてここでは説明しませんが、簡単に言うとレバレッジ25倍だと10万円でも250万円分の取引ができる仕組みになります。

実際持っているのは10万円なのに250万円分の取引ができるってのは、つまり250万円のお金を借りて取引をしているってのと同じことになります。

しかし、素人が250万円の取引をして250万円の損失を出してもFX会社は貸したお金を回収できるか分かりません。

 

そこであるのがロスカットです。

これは、250万円の損失を出す前に実際の資金である10万円で損失を確定させてしまうものです。※10万円以上の損失が出る可能性もあります。

 

つまりどういうことかと言うと予想が外れた場合に強制的にロスカットされて損失が確定されてしまうってことです。

これがFXが丁半博打といわれている所以です。

FXがギャンブルである理由~値動きがランダム~

主要通貨は値動きの多少の違いはありつつも、世界経済の出来事によって大きく動きます。

FXは余剰資金でやりましょうと色々なところで聞きますが、余剰資金であってもリーマンショックなどの大きなニュースが出ると暴落しますし、毎月の雇用統計でも大きく動いたりします。

つまり、余剰資金であっても一時的なニュースでロスカットされてしまうリスクが高いということです。

いつだったか忘れましたが、ホワイトハウスが爆破されたみたいなデマが流れて、1時間の間にドル円が5円近く円高に暴落し、デマだと分かり同じ値段に戻るみたいな動きをしたこともあります。

これはつまり、10万円分ドル円を買っている人がいた場合、銀行に50万円しか入金されてなければロスカットされて1時間で50万円の損失を出していたことになります。

※厳密にはロスカット設定などがありますから、50万円損するとは限りません。

 

ちなみに1時間の間とかではなく数秒で急激に動いた場合はロスカットが間に合わず、入金分以上の金額を損する場合もあります。

こういったデマでの動きや、ニュースなどによる急激な動きっていうのは誰にも予想することができません。

株の場合は、現物で取引していれば上記のようなデマで暴落してから元値まで戻ってもロスカットなどはありませんので、被害はないかと思います。

FXがギャンブルである理由~手法は情勢によって使えなくなる~

私はビビりの性格なので、10年間勉強したといっても、1万円などの少額で手法などを検証していき、買ったり負けたりを繰り返しながら勉強しておりました。

なので銀行に入れる金額も10万円までと決めており、これが長期的に増えていくのであれば手法が正しいということで取引金額を増やしていこうという計画でした。

色々な手法を試し、自分の環境や性格にあった手法を検証していきましたが、結果は一時的に100万円近く増えることはあっても、世界の情勢が変わればその手法は使えなくなり、結果的に大きく負けて資産を減らすことになってました。

テクニカル手法もある一定期間は有効に作用しても、いずれ使えない期間が来てしまいます。

巷にFXの手法があふれているのは使えたり使えなかったりするから、結局のところ全部使えるかもしれないし、全部使えないかもしれないってことだからです。

 

参考に「GFFさん」という方がおり、彼はあるテクニカル手法で数百万の資金から一気に6億近くまで資産を激増させた方です。

その後、使っていた手法が機能しなくなり、全ての資産を失いました。(ルールを守らなくなった等諸説あります)

資産の推移が面白いので興味がある方は調べてみると良いかもしれません。

また当サイトでも手法の検証をしたことがあります※微妙な結果でしたが・・

興味があれば見てください。

FXで資産を増やしていける人はどんな人?

FXで資産を増やしていっている方は共通点があるように感じました。

それは下記の2点です!

・常にチャートの検証やニュースなどを追っていくことができる勉強家の人

・勝っても負けてもルール通りにたんたんと取引ができる人

 

つまり「勉強を怠らず、自分の取引ルールを具体的に決めて、その通りに取引をする」

はい、私にはムリでした・・・

たんたんと取引をするってのが、一番難しかったです。

勝った時は気持ちが大きくなり、突然金額を増やしてしまったり、負けた時は悔しくなって取り返そうと、ルールとは違う取引をしてしまったり・・

自分で決めたルールを守るってのが私にはできませんでした。

ルール通りにやろうとすると1週間まったく取引ができずにチャートだけを眺めているような状態もあったりするわけで・・・

で、用事があって目を離している時に取引タイミングが来ていて逃してしまうみたいな。

これでもイラッとしたり、感情が揺さぶられることなく次のタイミングを待てるような鋼の精神力を持っている方が勝てる人なんでしょうね。

 

ちなみに私が次回FXをやるのであれば、1995年の頃や2011年頃のドル円が70円代まで行くようなスーパー円高になった時に長期的には100円まで回復することを見込んで保有する可能性はあります。(その時に資産が数千万はないとやりたくありませんが・・・)

 

スポンサーリンク
おすすめの記事