パーフェクトオーダーの手法を検証してみました

 

今回はパーフェクトオーダーを用いた手法を検証してみます。

有効性は結構あるのではないかということで現時点でも検証を

続行しているのですが、途中経過もあわせてまとめてみました。

 

そもそもパーフェクトオーダーとは

 

パーフェクトオーダーとは短期、中期、長期などの各移動平均線が

きれいに同じ方向に並んだ状態のことです。

 

移動平均線はSMAでもいいのですが、手法で使われている場合は

EMAの方が多いかと思います。

 

下の図ではEMAで表示したパーフェクトオーダーです。

綺麗に4本のEMAが並んでいるのが分かると思います。

 

パーフェクトオーダーの特徴としては、長めのトレンドの時にしか

発生しないという特徴があります。

 

つまり、レンジ相場を避けて、トレンドが発生した時に

順張り手法で活用すると有効性があるのではないかということで

検証してみたいと思います。

 

パーフェクトオーダー手法の検証

 

【テクニカル設定】

EMA:10・20・40・80の4本線を表示

時間足:すべての時間足

 

【エントリールール】

・パーフェクトオーダー発生から後に10MAか20MAに接触したら。

※すぐにエントリーではなく、接触するまで待つ

 

・パーフェクトオーダー中にローソク足が一度EMAに潜ってから頭を出した時

 

【決済ルール】

・ローソク足の実態が10MAを割れたら

 

【損切ルール】

・パーフェクトオーダー初期は80EMA(紫)の下。

・トレンド中は直近安値or直近高値、もしくは20MAの直下。

 

手法検証の結果

 

【EUR/JPY】1時間足

パーフェクトオーダーの角度が弱い時は微益な感じですが、

しっかりと角度が付いたパーフェクトオーダーでは大きく利益を上げられました。

 

その後にもう一度パーフェクトオーダーが発生しました。

 

【EUR/JPY】1時間足

 

これも見事に手法通りの結果となりました。

 

ただ、リアルだと正直エントリーするのかしないのか迷いました。

経験則がだいぶ必要だと感じました。

 

また、細かいルールもあるみたいです。

 

・大陽線、大陰線が発生した場合のすぐのエントリーは控える

・トレンドラインを引いて、高値安値を意識する

 

上記のような手法の精度を高めていく必要があります。

 

まとめ

 

パーフェクトオーダーの手法は初心者にもやりやすくルールを

しっかり守れれば、有効な手法になるが、経験やスキルによって

精度は変わってくるので努力が必要です。

 

下記はEMAが4本以上表示することができるFX会社です。

3本しか表示できないところもあったりするので、

今回の手法を試すのであれば注意が必要です。

 

【テクニカル指標が使いやすいFX会社】


DMM FX

■全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

・FX業界最狭水準のスプレッド 「全20通貨ペア」

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

 


 

GMOクリック証券
■FX口座数50万突破!多くの方に選ばれています。

業界最高水準の取引環境

・驚きの低スプレッド原則固定:米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.5銭、豪ドル/円0.7銭という  

業界最小水準の取引コスト ※例外あり ・高水準のスワップポイント


おすすめの記事