MACDはトレンドの発生している相場では強力なテクニカル

MACDは日本語で「移動平均収束拡散手法」とも訳され、世界中で利用されている

テクニカル指標になります。

 

読み方は「マックディー」と呼んでいる方が多いです。

計算方法とか詳しい歴史とかを知りたい場合は検索してみてください。

 

 

ここでは主にテクニカルの見方について紹介したいと思います。

 

MACDの特徴

 

MACDは主にトレンド系のテクニカル指標と言われており、

トレンドが発生している時に威力を発揮します。

 

MACDは、2本のライン(MACDとシグナル)とヒストグラムであらわされます。

 

代表的な見方は下記の2点です。

◆2本のラインが真ん中(ゼロライン)より上にあるのか下にあるのか。

これはラインが中央ラインの上で、右肩上がりになっている状態は「上昇トレンドの勢いが強い状態」

しかし、ライン右肩下がりになってきたら「上昇トレンドの勢いが弱まってきた状態」となります。

下ではこの逆の考え方ですね。

 

 

◆2本のラインのゴールデンクロス、デッドクロス

シグナルラインがMACDのラインを交差したところがトレンドの転換点になります。

上昇トレンドに転換した場合は、下側から上に交差するゴールデンクロス

下落トレンドに転換した場合は、上側から下に交差するデッドクロス

 

実際にローソク足も加えて見てみましょう。

 

【EUR/JPY】日足

〇・・・サイン通り

△・・・損切の設定によっては負け

×・・・完全に騙し

 

これはエントリーして買った負けたの○×ではないので、注意です。

あくまでも、トレンド転換のサイン通りに動いたかどうかになります。

 

エントリーベースで考えると結局は日足なので、損切の幅だったり、

エントリータイミングによって、勝率はまた変わってくると思います。

 

しかし、トレンドの流れはちゃんと示してくれているので、

トレンドに逆らわずにトレードを行えば、利益もついてくると思います。

 

まとめ

 

MACDはトレンドを表してくれる非常に優秀なオシレーターになります。

 

基本的にはMACDだけで見ることはないので、他のテクニカル指標と

合わせて使うのが一般的です。

 

 

【テクニカル指標が使いやすいFX会社】


DMM FX

■全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

・FX業界最狭水準のスプレッド 「全20通貨ペア」

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」

 

 

 

 

 


 

 

GMOクリック証券
■FX口座数50万突破!多くの方に選ばれています。

業界最高水準の取引環境

・驚きの低スプレッド原則固定:米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.5銭、豪ドル/円0.7銭という  

業界最小水準の取引コスト ※例外あり ・高水準のスワップポイント

 

 

 


おすすめの記事