SMAとEMAのトレンドFX手法

本日はSMAとEMAの2種類の移動平均線を表示して取引をする
手法を検証してみたいと思います。

SMAとEMAのトレンドFX手法の詳細

【移動平均線の設定】
SMA「20日」「120日」
EMA「20日」

【エントリールール】
・120SMAよりもローソク足が上にあるか下にあるかで
 売りか買いかを決める。
・1時間足のレジスタンスをブレイクしている。

・20SMAと20EMAが並行して上昇または下降している。
20SMAと20EMAの間で陽線または陰線が出たらエントリー。


【利確と損切】

・エントリーしたとこより、実体が逆にいったら損切。
・50pips~100pipsでレジスタンスを意識して利確。


上記の設定した状態が下記になります。

【EUR/JPY】1時間足

きれいに成功しています。

 

手法どおりにトレードできれば、5戦して全勝ですね。

 

注意として、三つ目の〇と4つ目の〇の間に買いでエントリーできそうなところがありますが、
120SMAより下にあるので、買いのエントリーはできません。

 

また、「20SMAと20EMAの間で陽線または陰線が出たらエントリー」のルールが
だいぶ経験則が必要だなと感じました。

 

実際には1時間の間に陰線になったり、陽線なったりするわけで、エントリーするか
悩みどころとなります。

しかし、実体が決まるまで待っているとエントリーのタイミングを逃してしまうので、
難しいなと感じました。

 

他の時間足でも流用できるのか検証してみました。

【EUR/JPY】日足

日足だと6回中3勝3敗になりましたが、正直使えません。

トレンドが発生している時はこの手法でなくてもいいですし、
なにより日足だと
ントリーポイントが分かりずら過ぎるという欠点があります。
スイングトレードには向かない手法であることが分かりました。

 

次は15分足で検証してみましょう。

【EUR/JPY】15分足

結果は5回エントリーして4勝1敗になりました。
しかし、左から2番目のエントリーに関しましては、経験則でエントリーとしました。

 

理由はデットクロスしてからの初めての少反発なので、EMAまではいかなくとも
下落の勢いが強いと判断したためです。

 

15分足なので、損切の幅を狭くして、利確も10pips~30pipsとしています。

まとめ

本日検証した手法はスキャルピングやデイトレードをする上では
非常に有効な手法だと感じました。

 

ただし、エントリーポイントを逃すと完全にタイミングを失ってしまうので、
チャートに張り付いて取引をする必要があります。

 

また、損切が非常に大事になるので、成り行き損切だと急激に逆に動いた場合、
大きな損失になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

【手法の評価】


上記の手法を試すならDMM FXをおすすめします。

スキャルピングになるので「FX業界最狭水準のスプレッド」が有利ですし、
固定で損切幅を設定することもできるので、急激に動いたとしても安心です。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXはこちら

おすすめの記事